8月5日「青森ねぶた祭」に参加しました!

2016 年 8 月 26 日 金曜日

お盆が過ぎましたが、暑い日が続いていますね。

まさに夏まっただ中のこの時期、東北各地では気温に負けない熱いお祭りが各地で行われました。

有名な夏祭りと言えば『仙台七夕』や『盛岡さんさ踊り』、『秋田竿燈まつり』などすぐ頭に思い浮かぶと思いますが、もう一つ有名なお祭りがありますよね!

そうです!青森市で開催される『青森ねぶた祭』!

IMG_5354

今年は青森県・函館デスティネーションキャンペーン(青函DC)と言うことで特に注目されました。

青函DCにおける取り組みの一つでもある青森と函館の夏祭りの相互交流を図るため、私達JR北海道も総勢15名のメンバーで青森ねぶた祭に参加させていただきました。

このねぶた祭は企業や一般グループが複数参加しており、私たちはJRねぶた実行プロジェクトに参加しました。

この青森ねぶた祭とは毎年8月2日~7日にかけて開催される青森市最大のお祭りであり、ねぶたと呼ばれる山車を運行し、その周りにいる囃子やハネトと呼ばれる跳ねて踊る人たちが盛り上げ、約2時間青森市の中心部を練り歩きます。

IMG_5350

このねぶたの迫力や囃子の方達の力強い太鼓・笛の演奏、ハネトの力強く熱気にあふれた踊り全てが合わさり、青森ねぶた祭が成り立っています。

私達は主にハネトとして参加しました。

ハネトになるためには、専用の衣装に着替えが必要です。

着付け専門の方々に着替えさせてもらい、準備完了!

IMG_5347

ねぶたのスタート地点に着いた時には、すでに多くの観客の方が沿道におり、楽しみと同時に緊張もありました。

IMG_5363

19時10分、花火と同時にねぶたの運行がスタート!!

囃子の力強い演奏のもと、ジャンプを繰り返すハネトの踊りを体感!

踊る際、「ラッセーラー、ラッセーラー」とかけ声を行います。

IMG_5383

沿道の観客の方々からも「ラッセーラー、ラッセーラー」とかけ声をいただき、祭りの参加者のみならず観客とも一体感があり、祭りの勢い、迫力、熱気をあらためて感じた瞬間でもありました。

あっという間の2時間でしたが、慣れないせいか最後あたり足が思うように動かず。。

ただ、沿道にて応援し続けていただいた観客の皆様のおかげで、最後まで踊りきることが出来ました!

IMG_5392

最後も花火で終了!

最後の最後まで熱気にあふれ、非常に活気のある夏祭りでした!

今年は終わってしまいましたが、この青森のねぶたは一見の価値ありです!是非多くの皆様に見ていただきたいお祭りです。

なお、今回参加しましたJRねぶた実行プロジェクトのねぶた(蝦夷ケ島 夷酋と九郎義経)が見事、最高賞である「ねぶた大賞」を受賞しました!!

このねぶたは、現在JR青森駅近くのねぶたの家「ワ・ラッセ」に展示しておりますので、是非ご鑑賞下さい。(こちらの施設は有料です。)

青森県・函館デスティネーションキャンペーンは9月末まで開催しており、引き続き青森や函館にお越しいただいた皆様に素敵なおもてなし企画を用意しておりますので、是非魅力満載の青函エリアへお越しください!